谷さんのたわごと

レールに乗っかれない女子大生が、日々考えたことを綴っていくブログです。

過去のブログを読み返すのが、恥ずかしい

今日は、深夜の更新です。

深夜のテンションに任せて、ブログに変なことを書き殴らないか、自分が心配です。

 

と言いますのも、本当につい先日、ブログを始めたばかりなのですが、「自分の書いた記事を読み返すのが、とてつもなく恥ずかしい」です。笑

 

(え、まだ、2つしか記事がないのに、そんなこと言い出す・・・?)って感じですが。

 

ブログを書いている時は、自分の考えをさらけ出すことに、抵抗がないのですが。改めて読み返すと、「うわぁ、何考えてんのコイツ。痛いなぁ。笑」って思うんですよね。

 

(こんなブログを読んで下さっている人なんて、まだまだ少ないのに、何を気にしているんだか。笑)

 

でも、こんな初期段階で、羞恥心を抱いてしまったら、この先ブログなんて書けないですよね。

 

先が思いやられたので、Googleにて、検索をかけてみました。

f:id:tany39:20170701005451j:plain

おお~。結構、ヒットしますね。(世の中には、同じような人間が大量にいるんだな。安心、安心。)

 

検索結果に出てきたWEBページを見ていると、みなさん同じような言葉で、私を励ましてくれました。こんなニュアンスの言葉です。

 

「過去の自分が恥ずかしいのは、成長したという証だ!」

 

おお~。(本日2回目)

こういうポジティブな思考、とても好きです。

 

先日書いた記事が恥ずかしいと思えるのは、その時の自分よりも、ちょっとでも成長したという証になるのでしょうか。

 

まあ、成長できているのかは分からなくても。こうやって、自分のモヤモヤを文章に落とし込むことで、頭の中がすっきりしますし。後日、自分の考え方を冷静に見つめ直すこともできますね。こうやって、自分の考え方を、より深みのあるものに変えていけるといいな、と思います。

 

というわけで、「恥ずかしさ」と向き合いながらも、ブログの更新を頑張っていこうと決意することができた、7月1日の深夜でした。もう7月か。今月も頑張ろう。

 

P.S.

ブログを書いているみなさんは、自分の書いた記事、恥ずかしくないのでしょうか?というか、そもそも読み返すのかなあ。という疑問。